久しぶりの外食


昨日

娘とアネ(旦那と娘が外食でおひとり様ということなので)の3人で

久しぶりの外食をした🥓


久しぶりの焼肉です😋

それに先日これが当選してたの


なので今日は

好きな物食え〜😍

では駆けつけ一杯


娘が牛タン食べたいと言ってたので


5人前食べました😆

そして

ホルモン類も食して


〆に特選ロース🤗


ふ〜💦

お腹いっぱい

美味しかった〜

おあいそしてくださ〜い♡


プレミアム食事券

全て使いました😆

足も出ちゃいましたが、、、w

それでもまだまだコロナ禍での久しぶりの外食

楽しかったです♪


飲食店で食事を楽しんだ後、店員に向かって「おあいそ、お願いします」と言っている人を見かけたことがあるでしょう。

あれは「お勘定(かんじょう)をお願いします」という意味ですが、「おあいそ」が、なぜその意味になるのでしょうか。

「おあいそ」を漢字で書くと「お愛想」です。

「愛想」とは、相手に対する好意や信頼のこと。

それがなくなる「愛想尽かし」を省略し、丁寧の「お」を付けたのが「お愛想」です。
 
もともとは、お店側がお客に勘定を支払ってもらうときに、「愛想尽かしなことで申し訳ありませんが、お会計をお願いいたします」というようにしていました。

そこから、お店側がお客に対して「お愛想をお願いします」と言えば、「お勘定を支払ってください」を意味していることになり、さらに転じて、現在のように「お勘定」そのものを意味する言葉となりました。

もともとは、お店側がお客に対して使っていた言葉なので、お客が店員に「お愛想」と言うと、「この店には愛想が尽きたから、さっさと勘定してくれ」という意味になるとも考えられます。

そのため、「客が使うのはおかしい」という考えもあるようですが、お勘定のことを「お愛想」と言ってもおかしくないでしょう。

いまや国語辞典にも「お愛想」には「お勘定」という意味があると記されています。

ただ、もしお店に対して失礼になるのでは、と気になるなら、「お会計」や「お勘定」などと言い換えてみましょう。
(ダ・ヴィンチ)

PIEDS NUS hair

PIEDS NUS hair(ピエヌヘア)です 令和3年11月22日 おかげさまで2周年 ありがとうございます♡ PIEDS NUS(ピエヌ)はフランス語で 素足 素足感覚で過ごせる アネとオトウトのスタッフ二人だけの 予約制のマンツーマンサロンです すべてはお客様のスマイルのために♡

0コメント

  • 1000 / 1000